効果があった妊娠線の予防方法

早めのタイミングで妊娠線の予防を始める

妊娠線は一度できてしまうと消すのに苦労するので、お腹が大きくなる前から予防に取り組みました。
ホルモンバランスの変化によって体調が優れない日々が続き、時間のかかるケアはできません。
体調が良くなくても簡単にできる予防法しか実践することはできませんでした。
私が実践した妊娠線の予防方法は、専用のクリームでマッサージすることです。
体調次第ではマッサージはせずに、ただ塗るだけのこともありました。
多くの人はお腹が大きくなり始めてから使用を検討します。
クリームは妊娠線対策として売られていますが、保湿力が高い成分が入っているなど通常のスキンケアにも十分使えます。

お腹が大きくなる前からしっかりと肌が潤っていれば、妊娠線を予防する効果も高くなります。
早いかなと思うタイミングで始めて正解でした。
スキンケアとして使っていたので、お風呂上がりの一番スキンケアに適したタイミングで使用しました。
マッサージ方法は自己流でしたが、むくみ解消の時に行うようなやり方で効果があります。
お腹が目立つ頃になれば、下から上に持ち上げるように優しくマッサージしました。
あまり強すぎると赤ちゃんへの影響が心配なので力は弱めです。
クリームはたっぷりと手に取ることで、摩擦による力に入れすぎを防ぎます。

早めのタイミングで妊娠線の予防を始める : お風呂上がりにたっぷりクリームを使ってマッサージ : 妊娠線予防はストレスを溜めずに気長にするもの